HOME »ムシ歯の治療

ムシ歯の治療

歯がしみたり、痛んだりした場合ムシ歯が疑われます。

また歯の色が変・ものが引っかかる・舌にひっかかるなどの症状もムシ歯かもしれません。

ひかり歯科では、ていねいに、痛みを感じないように治療をすすめます。

早期治療のすすめ

初期の虫歯の治療は痛くありません。

ひかり歯科では、一般的な視診、レントゲン検査に加えて、

レーザーを使用したムシ歯診断装置を利用して、

ムシ歯の早期発見に努めています。

気になることがあったら、早めに受診して下さい。

 

できるだけ痛みの少ないムシ歯治療

なるべく痛みがなく治療できるように心がけております。

ある程度大きくなったムシ歯の治療は痛みをとなうことが多いので、

痛みを軽減するためには麻酔を使用します。

特に麻酔の使用法については細心の注意を払っています。

注射針が刺さる部分に麻酔をする。

(麻酔の注射針が刺さるときに痛みを感じないように表面に麻酔剤を塗ります。)

ゆっくり麻酔をしたほうが痛みが少ないので、
できるだけゆっくり麻酔注射をします。
電動注射器を使用することもあります。

 

 

また麻酔筒に振動を与えることにより麻酔薬の浸透性を高めることにより痛みを軽減させるなど…

患者さんごとに、また歯の状態により、一番痛みなく麻酔ができるように心がけて
います。